地震rumor

気になる記事、地震情報を書いていく

相模トラフ地震の前兆は起きてしまっている模様

東京湾では、5月20日から22日にかけて48時間以内に、震度1以上の地震が7回続いている。揺れこそ小さいが、ほとんどが深さ20~40キロ程度だ。この表は過去10年間の東京湾震源とした地震の回数だが、いずれも発生間隔は離れていた。


「1923年からの地震データベースを作っていますが、3日以内に7回も起きたのは初めてです。14回揺れた2011年は東日本大震災の影響で、主な震源多摩川河口付近でした。今回は、震源船橋から木更津のあたりでした。フィリピン海プレートと北米プレートの境界がはがれかけていることによって起きる、海溝型の相模トラフの地震の前兆と考えられます」(立命館大特任教授の高橋学氏=災害リスクマネジメント)



 相模トラフの地震といえば、


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/273771

引用


f:id:reo2020:20200605175414j:plain




これに対する日本人の反応


・やばいから逃げたほうがいい
・今回マジや、おかしい地震が起きてる
・気づけよ日本人
・もう会社行かないで家族と過ごそうかな
・やーばいでしょこれ
・今地震おきたら、日本マジで死ぬぞ
・分散してるから大したことなくなるで
・もうすぐくる確率めっちゃ高い、今年中に来るぞ
・こういうのって絶対当たらないんだよね
地震の専門家が言ってるんじゃ嘘じゃないだろう
・素人目に見ても最近の動きはおかしいのわかるしな、そろそろ来るやろ